メニューを飛ばして本文へ

根本 匠ねもと
たくみ

衆議院議員

福島第2区

(郡山市・二本松市・本宮市・大玉村)

そのとき、
匠が動いた!

郡山駅西口再開発

長年の懸案事項で、大手百貨店の出店で一時は決まったかに思えた郡山駅西口再開発。それが、昭和60年に再開発慎重派の市長が当選したことにより事態は一変。郡山市側の計画の見直しやそれに対する地権者の反発などが繰り返される事態となり、大手百貨店も出店計画を白紙撤回し再開発事業は頓挫。国から交付されていた補助金もこののち8年間ストップすることになってしまった上に、駅前再開発では全国ワースト3の一つ、30万都市の駅前がこんな散々たる姿かと揶揄されるまでになってしまっていました。西口再開発は郡山経済界からも至上命題だったのです。

そのとき、
匠が動いた!

平成5年「郡山駅西口再開発の推進」を選挙公約の一つに衆議院議員に初当選した根本匠は、すぐに建設省を動かし8年ぶりに補助金を復活。また、中心市街地活性化法の法案づくりにも中心的な役割を果たしていた根本は、この法案を郡山市の活性化に使おうと判断、市長に準備を急ぐよう助言。計画の原案づくりにも積極的に関わり、平成10年の法案施行後すぐに基本計画を提出。
その結果、郡山市が法案適用の全国第1号となり、全国のトップを切って郡山の活性化は大きく動き出したのです。