メニューを飛ばして本文へ

根本 匠ねもと
たくみ

衆議院議員

福島第2区

(郡山市・二本松市・本宮市・大玉村)

そのとき、
匠が動いた!

21世紀記念公園「麓山の杜」

日東紡績郡山第一工場跡地を80億円で取得したものの、どのように活用するかを計画しておらず、バブル直後だったこともあり、利子だけで年間5億円を払っていた郡山市。当時の藤森英二市長とこの土地の活用法について議論した根本匠は、大震火災等の災害が発生したときに救護救援活動の前線基地や救援物資輸送の中継基地として地域防災の拠点となる「防災公園」にするアイデアで一致。ここで「防災公園」に必要な面積は10ヘクタール以上という規定が大きく立ちはだかりました。

そのとき、
匠が動いた!

日東紡績郡山第一工場跡地の面積は約3ヘクタールしかありません。これだけの広さでは、防災公園として整備するための国土交通省の補助金が受けられません。そこで根本匠は、この土地とはやま通りを隔ててある麓山公園までを一つの防災公園エリアに見立て、これら全体で防災公園に必要な面積10ヘクタール以上をクリアすることを提案。根本の采配のもとで見事、防災公園として採択され、平成15年4月に「21世紀記念公園 麓山の杜」として開園させることができました。この公園は市民の新たな憩いの場所となるとともに、このとき整備された備蓄倉庫や耐震性貯水槽が8年後、東日本大震災で生かされることになるのです。